2014年6月30日月曜日

カイピリーニャはブラジルカラー

カイピリーニャ
 こちらは、レシフェ(ブラジル北東部の街)に到着してすぐに、サッカーの観戦をしながらいただいたカイピリーニャ(7.5レアル、約375円)。

 日本にいるときは気がつかなかったけれど、カイピリーニャの色は黄色と緑のブラジルカラーなんだね!

 ブラジルのカイピリーニャは、ものすごく甘いそうなので、砂糖なしでもらって、自分でちょっとだけ糖分(液体甘味料)を加えた。

 カシャッサ(ブラジル産のサトウキビ焼酎)で作る、ちょっと甘めのライムサワーってとこでしょうか。グイグイと飲めてしまう、とっても危ないカクテルなり。

初めてのひとり外食(ランチ)

初めてのひとり外食
 ブラジルに来て初めて、ひとりで外食(ランチ)。ブッフェ形式で、最後に目方(めかた)で勘定する仕組み。100グラムあたり2.89レアル(145円)。写真の量で、水(ペットボトル1本が約100円)も付けてもらって、お勘定は15レアル(750円)ほど。

 まわりのブラジレイロ、ブラジレイラたちは、軽くこの倍ぐらいの量を盛り上げている。(お皿の大きさはすべて同じで、その重さはお勘定のときに差し引かれる仕組み。)

 ブッフェ形式だと、自分が食べられそうな量だけを盛れるのがいいね!(他の欧米諸国と同じように、ブラジルも普通の1人前は、ものすごく量が多くて持て余してしまう。)

 ブラジルの一般的なランチは、さらりと粘りっ気なく炊いたごはんに、豆を煮込んだ「フェジョン」をかけ(お皿の左手前あたりがそう)、それにソテーした肉類(お皿の奥側)と、サラダ(お皿の右手前)という形なんだそうな。社員食堂でも、そんな定食スタイルで出されるらしい。

 まだ2回しか食べていないけど、フェジョンをかけたサラサラごはん。意外と好きかも!(^^)v


ブッフェで好きなものを取る
メニューには重さあたりの料金
これが今日の昼食
店内の様子

単身赴任社宅は海岸(大西洋)のすぐ近く

video

 レシフェ(ブラジル)の単身赴任社宅(最初に映っている白い高層マンション)から、ほんの100mほどで大西洋の海岸に出る。堤防もなくて、いきなり砂浜に出ることができるのがすごいっ。台風のような大嵐は、きっとないんだろうなあ。

砂浜のトレーニングジム

砂浜のトレーニングジム
 砂浜にはジムのような設備もある。子供が遊ぶのではなくて、大人がトレーニング用に使っている様子。どこまでもズゥ~ッと平地なので、砂浜にあえて上り下りの坂道(小さな峠)を作って、そこを走ってトレーニングするのです。

ブラジルの公衆電話

公衆電話
 ブラジルの公衆電話はこんな感じ。奥にももう1台あって、上から見ると三つ葉のクローバーのような形になっている。携帯電話も普及してるようなんだけど、公衆電話も街のあちこちで見かけます。

2014年6月29日日曜日

ブラジルでの単身赴任社宅

ベランダ越しの景色

 ブラジルでの単身赴任社宅からは、となりのビル越しに大西洋が見える。

 高層マンションの8階にある部屋は、2ベッドルーム+ダイニング、リビングと、ひとりには十分過ぎる広さ。

 みんな、遊びにおいで!

このマンションの8階 
主寝室

ダイニング

リビング

2014年6月28日土曜日

レシフェに到着するなりW杯ブラジル戦

video

 最終目的地であるレシフェ(ブラジル北東部の町)に到着したのは、6/28(土)の午後1時。ちょうどW杯ブラジル対チリのキックオフ時刻だったので、昼食も兼ねて、近くの食堂でサッカー観戦。延長でも決着がつかず、PK戦でブラジルが勝利。食堂全体が一体になって盛り上がった!

サンパウロ空港の朝焼け


 羽田から、フランクフルトを経由して、サンパウロに到着。ただいまの時刻は午前6時半。日本との時差は、ちょうど半日(12時間)である。朝焼けが美しい。意外と涼しいのにもびっくり。

2014年6月27日金曜日

フランクフルト国際空港のスカイトレイン


 羽田空港を発って12時間。第一中継点のフランクフルト空港に到着しました。ここで乗り継いで、また12時間で、サンパウロ(ブラジル)に着く予定ですが、そこからさらに3時間ほどの、ブラジルでの国内移動が待ってるんですねー(T_T)/~~~